イベント情報

《開催中イベント》

企画展「福島を中心としたこけし産地とその背景」

期  間 平成28年12月1日(木)〜平成29年3月31日(金)
※最終日は正午まで
場  所 地階 第二展示室
開催中イベント1ロクロを使い木材を挽く人は「木地師(きじし)」と呼ばれ、椀や盆などの木地製品を作り生活する人でした。こけしはそんな木地師たちがこどもの玩具として生み出した人形で、湯治場のお土産品として長い間親しまれてきました。今回の企画展では、このようなこけしが生まれる背景にある木地業について郡山市湖南町三代の中ノ入、猪苗代町の高森・達沢の資料を中心にご紹介します。展示資料の大部分は、一般初公開となっております。

ミニ企画展「中ノ沢こけし展」

期  間 平成29年3月23日(木)〜平成29年6月6日(火)
場  所 1階 常設展示室
開催中イベント2  中ノ沢こけしの形成と系統分離独立の活動についてご紹介します。中ノ沢こけしは、これまで頭頂の蛇の目模様から土湯系の亜流とされてきましたが、その形成や現在までの系譜から、近年では土湯系から独立分離を提唱する活動も見られます。

《次回予定》

企画展「土湯“下の松屋”と温海こけし」

期  間 平成29年4月1日(土)〜平成29年6月30日(金)
土湯「下の松屋」のこけしの系譜と、下の松屋出身の阿部常松から始まる山形県の温海こけしの系譜の作品の古品から現代までを一堂に紹介予定。

《企画展報告》

企画展「世界をかけめぐるこけし “メキシこけし”展」

期  間 平成28年8月2日(火)〜平成28年11月30日(水)
場  所 地階 第二展示室
開催中イベント1メキシコ先住民による絵付けこけし「メキシこけし」とこけし工人がメキシコをイメージしたこけし、メキシコの手工芸品などを「CHIDO PROJECT」との共同主催により展示します。また、この他にも、こけしの国際交流や世界の木地玩具などをご紹介しました。